完成内覧会(私が宿をやる理由)

9月21~22日に設計士さん、工務店さんの主催で内覧会がありました。 お祝いの品やお花を沢山いただきました。 遅くなりましたが、お礼申し上げます。   さて、私がなぜ宿をやるか。それは・・・ 1997年、旅行で初めて来た北海道の雄大さに心を奪われ、足繁く通い2000年に三重県四日市から旭川に移住。移住したときは、まだ美瑛という地を知らなかった。 移住後、友人(今は妻となった)に案内された美瑛の丘、「日本にこんなところがあったのか」と驚く。 北海道に住み20年が経ったが、その間にはいろいろな発見があった。日本全国どこに住んでいてもそうなかもしれないが、その土地で生まれ育つと気付けない良さが潜んでいるものである。私の実家のある四日市には袋小路のような狭い路地が沢山ありや庭先にミカンがなって光景がある。私にとっては見慣れた風景、道産子である妻はこれを見て感嘆の声を上げる。ダイヤモンドダスト、道産子にとっては、綺麗であるが見慣れた風景。私にとっては、いつまで経っても心が躍る風景。巨大なトラクターが丘を走る、冬は一面の銀世界、「ただの畑だ」と地元の人はいう。私にとっては、人の営みと自然が織りなす感動の風景である。 大好きな美瑛に住み、まだまだ、沢山ある自分が感じたこの地の素晴らしさを多くの人に伝えるため、それを感じてもらえるよう少しだけのサポートをしたい。 ただそれだけ 美瑛の丘、大雪山、十勝岳、雪景色、春の芽吹き、夏の金色、秋のオレンジ、まだまだ感じたい、北海道美瑛の日常。

2020-09-27T22:37:55+09:002020.09.27|

ヴィラの完成(丘の宿)

北海道、美瑛の丘は、先週の後半から急に気温が下がり、今朝は薪ストーブを焚こうかと思うぐらいになりました(早く薪が燃える様子を見たいだけの口実かもしれませんが)。 さて、少し遅れていたヴィラの建設は今日で終了です。最後に美装が入り、明日からはシモンズ製ベッドや旭川家具など調度品の搬入が始まります。外装も内装もイメージしていたように仕上がっています。 また、敷地内にジューンベリーやシャラなどの木を植樹しました。少し寂しかった建物の周りが落ち着いた雰囲気になりました。木には癒しの効果が非常にあるあることに改めて気づかされました。この土地は、もともと雑種地でありながら蕎麦が栽培されていたということもあり、シンボルツリーである大きな白樺以外は、ほとんど木がありませんでした。これから景色の邪魔をしない程度に少しずつ木を植え、野鳥が沢山飛来する場所にしていきたいと思っています。 今週末からの4連休の後半(9月21日・22日)に、設計事務所さんと施工業者さんが企画してくださった内覧会を実施します。遠方の方には見ていただけなくて残念ですが、ご近所や近郊の方には、是非、足を運んでいただき、この空間と窓からの景色や敷地からの絶景をご堪能いただきたいと思っております。内覧会では、トラクター運転体験(オープン後は有料ですが、内覧会では無料)や薪割体験を実施します。 写真は、内覧会用に敷地内からヴィラを撮ったものです。十勝岳連峰や大雪山旭岳をバックに、丘に1棟だけ佇むコンパクトな贅沢宿です。1000坪の敷地を独占してください。 出来れば、今週からプレオープン期間中の、月末からグランドオープン後の予約受付を開始したいと考えております。 Villa Slavla(http://villa-skavla.com)は建物を丸ごとお貸しする一棟貸(貸別荘)スタイルです。4000㎡の敷地に、1日1組限定のラグジュアリールーム。空間をひとり占めしたい人にはぴったりです。非日常の特別な時間をお過ごしいただき、北海道の旅、美瑛の旅を一生の思い出にしてください。

2020-09-14T08:33:10+09:002020.09.14|

薪づくり(薪ストーブのある生活)

9月になりましたね。本来であれば、山には初雪が降ってもおかしくない時期ですが、北海道美瑛でも暑い日が続いています。超大型の台風も九州や四国など各地に被害をもたらしているようです。ここ数年、「記録的な」とか「観測史上初」などの言葉が天気予報でよく聞かれます。地球温暖化の影響でしょうか。人は、自然環境の一部です。人間が自然に対し全く負荷をかけないで生活することはできません。ただ、できるだけ抑えることは可能だと思います。将来の人類のため、このことを頭において生活していきたいと思っています。 さて、ヴィラの建設は少しトラブルがあり、また、遅れています。元公務員の私が言うのも何ですが、役所の手続きって大変ですね。一筋縄じゃいかない部分が沢山あります。役所の方も、法に則って処理しなければならないので、対応されている方は、「こんなこと必要あるのか」「この手続きは現実と乖離している」など、ジレンマを感じながらお客様に対応することも多々あると思いますし、私も役人時代は感じたことがありました。時々、心無い方が、窓口で大声を上げていますが、本当に精神的に辛い仕事だと思います。まず、役所にはプラスイメージを持ってくる人はほとんどいないですし、初対面の窓口対応は、マイナススタートですね。 先週は、薪ストーブや焚火で使う薪づくりのために購入した3mの丸太を30㎝にチェーンソーで切りそろえました。丸太は5㎥分あるので、まだまだ切らなければなりません。さらにこれを割らなければなりません。割った薪は、最低でもひと夏干さなければならないので、今年の冬は使えません。今年の冬は去年割った薪。希望されるお客様には薪割体験もしていただけます。 秋から冬へ移ろう頃に、1組目のお客様をお迎えすることになると思います。できれば、正式オープン前に内覧会やプレオープンを実施したいと思っています。 Villa Slavla(http://villa-skavla.com)は建物を丸ごとお貸しする一棟貸(貸別荘)スタイルです。4000㎡の敷地に、1日1組限定のラグジュアリールーム。空間をひとり占めしたい人にはぴったりです。非日常の特別な時間をお過ごしいただき、北海道の旅、美瑛の旅を一生の思い出にしてください。

2020-09-07T08:22:42+09:002020.09.07|

のどかな光景(薪ストーブの宿)

北海道美瑛にオープンする絶景の宿(1日1組限定の貸別荘)のオーナー櫻井です。 もう、秋になるのかと思いきや、先週は暑い日が続き、美瑛でも30℃を超えました。夜も湿気があり少しムシムシしていました。もちろん、本州の湿度にはかないませんが。今年は、夏が長いような気がします。週末は雨が降り、寒さを感じましたが、今週も30℃に達する予報です。 ウッドデッキの製作もほぼ終わり、その横のレンガ敷きのテラスも完成しました。先週、知人が来訪してくれ、ウッドデッキから十勝岳や丘を眺め、「すごいですね。この景色。」を何度も口にしていました。内装工事中のヴィラの窓からも景色を眺め、「外とは違って、窓から見る景色は、額縁のよう」だと。室内から見る景色は、まさに額縁の中の絵が刻一刻と変化するように見えます。 お客様に非日常をご堪能いただくために、ヴィラには薪ストーブを備え付けますが、そのストーブが届き、業者さんが丁寧に設置してくださいました。10月になれば、朝晩は冷え込んでくるので、火を焚くことになるでしょう。私がこの宿にお客様専用の薪ストーブを導入する理由の一つは、夫婦の会話です。炎は人の心を穏やかにし、会話の少なくなった夫婦も、薪ストーブの前に来るとやさしく語り合うことができるでしょう。そして、お互いを見直し、これからの2人の人生を創造していただきたいです。 美瑛には山や丘を見渡せる展望台がいくつかあります。先日、ヴィラから車で約8分の「新栄の丘展望台」に行ってみました。展望台の前には、観光客向けの畑があり、キガラシ(菜の花)が満開で、写真家さんや家族連れがいらっしゃいました。その中に、地元の小学生が2人、キガラシ畑の中でかくれんぼをしていました。「のどかな光景」という言葉がぴったりでした。 ※一般の農地は立ち入り禁止です。   秋から冬へ移ろう頃に、1組目のお客様をお迎えすることになると思います。Villa Slavla(http://villa-skavla.com)は建物を丸ごとお貸しする一棟貸(貸別荘)スタイルです。4000㎡の敷地に、1日1組限定のラグジュアリールーム。空間をひとり占めしたい人にはぴったりです。非日常の特別な時間をお過ごしいただき、北海道の旅、美瑛の旅を一生の思い出にしてください。

2020-08-31T13:01:30+09:002020.08.31|

美瑛の空(秋の気配)

北海道美瑛にオープンする絶景の宿(1日1組限定の貸別荘)のオーナー櫻井です。 夕方になると真に秋の気配を感じるようになり、先週は、夕焼けがとても綺麗な日が続きました。青空が徐々にピンクに染まる夕焼けもありますが、雲があった方が高い確率で綺麗に焼けます。山から沢山の赤とんぼが降りてきて、子孫を残すための伴侶を探しています。いつも動物の世界は不思議だと感じていることがあります。赤とんぼもそうですが、オスの方が華やかな色です。他の昆虫や鳥類など、大抵の場合、オスのほうが派手で華やかな色をしています。人間界は女性の方が華やかですよね、間違いなく。 美瑛の丘は、収穫で大忙しです。先週後半からジャガイモの収穫が始まったようで、巨大な収穫機に何人もの方が乗って、機械が前進しながら掘り上げたジャガイモをその上で選別しています。ヴィラ シュカブラの道路を挟んで向かい側には、カルビーの倉庫があり、ここにジャガイモが運び込まれていきます。トラックが山盛りになったジャガイモを運ぶため、時々、近くの道端にコロコロ転がっていることがあります。ポテチになり損なったジャガイモです。収穫されたばかりのジャガイモも美味しいですが、氷温貯蔵で冬を越したジャガイモは甘みが増し、最高の味になります。 ヴィラ建設工事は、ウッドデッキの制作中です。木材は、湿度によって収縮するので、1枚1枚均等な感覚に床材を貼るのは一苦労です。でも楽しい。広いウッドデッキにハイバックチェアを並べ、大雪山旭岳や十勝岳連峰を手前の丘をのんびりと眺めることは、都会の日常を忘れさせてくれる至福の時間です。お客様に満足していただくため、丹精込めてウッドデッキを仕上げます。 秋から冬へ移ろう頃に、1組目のお客様をお迎えすることになると思います。北海道の冬は寒く敬遠されがちですが、寒さの中にここでしか見れない美しさがあることをお伝えしたいと思っております。Villa Slavla(http://villa-skavla.com)は建物を丸ごとお貸しする一棟貸(貸別荘)スタイルです。4000㎡の敷地に、1日1組限定のラグジュアリールーム。空間をひとり占めしたい人にはぴったりです。非日常の特別な時間をお過ごしいただき、北海道の旅、美瑛の旅を最高のものにしてください。

2020-08-24T17:21:36+09:002020.08.24|

そばの収穫(そばの花・茎)・美瑛の空

北海道美瑛にオープンする絶景の宿(1日1組限定の貸別荘)のオーナー櫻井です。 例年、北海道では盆を過ぎると急に秋を感じるような気候になりますが、今年は暑さが続いています。とはいっても、本州の暑さに比べると非常に過ごしやすい気温です。 麦の刈り取りもほぼ終わり、丘の麦稈ロールもめっきり減りました。次は蕎麦の収穫です。ヴィラ シュカブラの隣地のそば畑は、昨日からコンバインが入りゆっくり刈り取りを行っていました。青空と十勝岳をバックに丘をゆっくりと進むコンバインを見ていると、一見のんびり作業をしているように見えますが、実際に作業をされている農家さんは、真剣そのものです。近づいてきたコンバインの運転席を見ると、刈り残しがないように四方を確認しながらの作業です。平野が広がる農業地帯の地域と違い、うねうねしている丘をまっすぐにトラクターやコンバインを走らせるのは、相当高い運転技術がいるそうです。 そばの花は白くかわいらしい小さい花が咲きますが、茎は濃いピンクや朱色です。刈り取った後の景色も見ごたえのあるもので、夕陽が当たると一層美しさが増し思わずカメラを向けてしまいます。 ヴィラ建設工事は大詰めを迎えています。今週、左官屋さんが土間や塗り壁の作業をする予定です。コロナの影響で完成が1ケ月程度伸びてしまいました。完成後は保健所や消防の検査があり、許可が出るまでに少し時間がかかります。その間、プレオープンをする予定で、何とか雪が降るまでに正式オープンできそうです。 美瑛は、まるで北欧の農業地帯のような絶景です。コロナで海外に行けないですが、これを機会に美瑛にお越しいただき、特別な時間をお楽しみください。Villa Slavla(http://villa-skavla.com)は建物を丸ごとお貸しする一棟貸(貸別荘)スタイルです。4000㎡の敷地に、1日1組限定のラグジュアリールーム。空間をひとり占めしたい人にはぴったりです。非日常の特別な時間をお過ごしいただき、北海道の旅、美瑛の旅を最高のものにしてください。

2020-08-18T07:55:29+09:002020.08.18|

収穫の時、大地の恵み(甘いトウモロコシ)

北海道美瑛にオープンする絶景の宿(1日1組限定の貸別荘)のオーナー櫻井です。   美瑛の夏が終わろうとしています。先週は雨や曇りの日が多く、蒸し暑い日もありましたが、夜はかなり涼しくなってきました。今日の美瑛も晴れたり曇ったり、雨がパラパラしたり。露地物のトウモロコシ(道民はトウキビという)もお店に並び始め農作物の収穫が盛んです。美瑛のトウモロコシはとても甘ジューシーです。一般的にトウモロコシはかじるものですが、道民は器用に一粒一粒手で軸から外し、何個か手のひらに溜まったものを口へ運びます。そうした方が綺麗に食べられますし歯に挟まりません。私はまだ、この食べ方を完全にマスターしきれておらず、指の腹で粒をつぶしてしまいます。バーベキューをするときは、トウモロコシの皮を2枚ほど残して網の上で焼くと、甘みが閉じ込められ一層おいしくいただけます。まさに北の大地の恵みです。Villa Skavlaでは、バーベキューセットの貸し出しも行っています。是非、絶景を見ながら北海道の大地の恵みを味わっていただきたいと思います。 敷地内の草刈りをしていたら、一凛のそばの花を見つけました。おそらく、隣のそば畑の種まきの時に飛んできたものが育ったのでしょう。終わりかけの花の横に黒いそばの実がついています。明日にでも摘んでみたいと思います。敷地内の空いたスペースに蒔いたヒマワリが成長し花を咲かせました。これも緑肥なので、しばらく鑑賞した後、土に鋤込みます。 Villaの建設工事は、先週の初めに主要な大工工事が終わり、内部の塗装でした。塗装は私の担当で塗料まみれになって天井や柱を塗りました。1日の多くの時間をこれに費やしたため、カメラを持って美瑛の丘をぶらぶらする時間があまりありませんでした。今週も塗装の続きと消耗品を調達に札幌に出張です。 美瑛は、まるで北欧の農業地帯のような風景です。コロナで海外に行けないですが、これを機会に美瑛にお越しいただき、特別な時間をお楽しみください。Villa Slavla(http://villa-skavla.com)は建物を丸ごとお貸しする一棟貸(貸別荘)スタイルです。4000㎡の敷地に、1日1組限定のラグジュアリールーム。非日常の特別な時間をお過ごしいただき、北海道の旅、美瑛の旅を最高のものにしてください。

2020-08-10T18:34:59+09:002020.08.10|

美瑛の丘の撮影時間(看板完成)

北海道美瑛にオープンする絶景の宿(1日1組限定の貸別荘)のオーナー櫻井です。   美瑛の夏は続いています。先週は麦の刈り取りが最盛期でした。丘のいたるところに麦稈ロール(牧草ロールのような形)ができ、雨が降る前にトラックに満載して畑から運び出していました。トラクターのライトを点灯させ暗くなってからも作業をしている農家さんを見ていると、のんびり写真を撮っているのが申し訳ない気になります。ただ、今夜からぐずついた天気がお盆明けまで続く予報です。北海道はお盆を過ぎると気温が下がり、もう秋の入り口です。大雪山では8月下旬に紅葉が始まり、旭岳や黒岳ではこの時期に雪が降る年もあります。   美瑛の丘の写真撮影は、朝や夕が多いです。プロ、アマ問わずこの時間帯は斜光でコントラストと奥行きのある作品が撮れる確率が高く、写真家にとって心高鳴ります。でも、運が悪いことに朝も夕も食事の時間帯と重なります。 そうなんです、多くの風景を撮る写真家にとって、食事の時間は、1日のうちで真にシャッターチャンスの時なのです。もちろん、食事が付いている宿は、みんなと楽しく食事ができていいのですが、写真を撮る人は、ご飯の時間に拘束されたくないという人が多いのです。 当施設は、食事の提供はありません。写真を撮るお客様はもちろんのこと、撮らない方もじっくり絶景を味わっていただきたいと思います。   撮影が終わってから、ヴィラのキッチンで好きなものを作るも良し、事前にデリバリーを予約しておくのも良し、美瑛の街に繰り出すのも良し。自分のペースで気ままに好きなように。 美瑛は新鮮な野菜が農家さんの家の前で無人販売されていたり、小さい町でありながら、美味しいお店が沢山あり、当施設のHPでも紹介しています。   昨日、先月からぼちぼち土台から自作していた宿の看板が完成しました。妻と二人、セルフタイマーで記念撮影をしましたが、照れますねぇ。いよいよオープンも近づいてきたなという感じです。とはいっても、正式オープンは10月下旬になる予定です。。大雪山や十勝岳連峰は白く、カラマツはオレンジに、秋蒔き小麦の芽が緑に、私の一番好きな季節、皆様にも堪能していただきたいと思います。   Villa Slavla(http://villa-skavla.com)は建物を丸ごとお貸しする一棟貸(貸別荘)スタイルです。4000㎡の敷地に、1日1組限定のラグジュアリールーム。非日常の特別な時間をお過ごしいただき、北海道の旅、美瑛の旅を最高のものにしてください。

2020-08-03T10:24:52+09:002020.08.03|

夏の絶景、収穫のとき(麦の刈り取り・麦稈ロール)

北海道美瑛にオープンする絶景の宿(1日1組限定の貸別荘)のオーナー櫻井です。   美瑛は夏真っ盛りです。とはいっても、気温は28℃前後です。道外の方にはなんてことない暑さです。観光客もさらに増え、ヴィラから見えるケンとメリーの木の駐車場には平日でも多くのレンタカーや道外ナンバーの車がとまっています。   いよいよ麦を刈るコンバインが動き出しました。農家さんは休日返上で刈り取り作業に追われます。また、雨の日には刈り取りができないので天気ともにらめっこ。たわわに育った麦を刈り取り、茎の部分をコンバインの後ろから排出、その後、トラクターの後ろにロールにするアタッチメントを付け丘にコロコロロール(麦稈ロール)を作ります。   Villa Skavlaの周りのそば畑も花が満開時期を過ぎ、結実に向かっています。ヴィラ敷地内のキガラシも花がほぼ終わり、種のさやを付け始めたので、地面にすきこみました。花畑のど真ん中をトラクターでゆっくり走る体験を初めてしましたが、残った花にとまっているマルハナバチは大慌てです。スズメバチのように攻撃性がないので、トラクターに向かってくることはありません。すきこんだものは、土の中で熟成させ土を肥やし、しばらく置いたのち、再度、キガラシを蒔くことにします。今度開花するのは9月下旬、ヴィラのプレオープン時期になると思います。   美瑛の夏は、晴れていても山が見えないというのが特徴的です。高確率で十勝岳連峰や大雪山と美瑛の丘の競演をご覧になりたい方は、秋以降の観光をお勧めします。夏は、厚い雲の切れ間から陽が射し、丘を照らすドラマチックな光景がよく見られます。 。   Villa Slavla(http://villa-skavla.com)は建物を丸ごとお貸しする一棟貸(貸別荘)スタイルです。4000㎡の敷地に、1日1組限定のラグジュアリールーム。特別な時間をお過ごしください。テラスで焚火を見ながらぼーっとしたり、バーベキューを楽しんだり、薪割したり、思う存分写真を撮ったり、楽しみ方はあなた次第。絶景を見ながらお寛ぎください。   正式オープンは晩秋になる予定です。大雪山や十勝岳連峰は白く、カラマツはオレンジに、秋蒔き小麦の芽が緑に、私の一番好きな季節、皆様にも堪能していただきたいと思います。

2020-08-03T09:40:38+09:002020.07.27|

ネオワイズ彗星(美瑛の夜空)

北海道美瑛にオープンする絶景の宿(1日1組限定の貸別荘)のオーナー櫻井です。   3週間前の週末より先々週末、先々週末より先週末と美瑛を観光される方が見る見る増えて来ています。週末ほどではないですが、平日も増えました。平日に目立つのは、高級車や クラッシックカーに乗られた60歳代の方です。奥様を助手席に乗せて、パッチワークの美瑛の丘を颯爽と走る姿は格好良く憧れます。私は65歳になったら、キャンピングカーで妻と全国を旅することが夢です。   丘の麦の穂はたわわに育ち、黄色から茶色へと変わり始め、そろそろ収穫の時期になるのではないでしょうか。麦の刈り取りにはびっくりするほど大きなコンバインが使われます。前の道路を前後に先導車を従え道路幅いっぱいの巨大なコンバインが刈り取る畑に向かってゆっくり走る様子を初めて目にしたときは、鳥肌が立ちました。   Villa Skavlaの周りは、そば畑です。今は蕎麦の白い花が満開で、ぷかぷか浮く白い雲の夏空に映えてとてもきれいです。ここも8月中旬にはコンバインが入ります。蕎麦は茎が赤みかかっているので、刈り取った後も朱色の丘が広がってお気に入りの景色です。   美瑛の丘は夜になると真っ暗で、星も都会の〇〇倍、綺麗に見えます。先日、話題になっているネオワイズ彗星を撮ってきました。星を撮るのはほぼ初めてで、知人に少しアドバイスをいただいたので、初めてにしては上出来かなと思う写真が撮れました。撮影ポイントには、中高年のカメラマンが沢山来ていました。驚いたのは、8割ぐらい女性カメラマン。「撮れた?」「もう少し感度を上げる?」など楽しそうに会話しながら撮影していました。男性だと一言二言交わして黙々と撮る人が多いですが、仲間と賑やかに撮るスタイルもありかもしれません。最近のカメラは感度もいいので、目に映らない夜空も撮ることができると思います。   Villa Slavla(http://villa-skavla.com)は建物を丸ごとお貸しする一棟貸(貸別荘)スタイルです。4000㎡の敷地に、1日1組限定のラグジュアリールーム。特別な時間をお過ごしください。   正式オープンは晩秋になる予定です。大雪山や十勝岳連峰は白く、カラマツはオレンジに、秋蒔き小麦の芽が緑に、私の一番好きな季節、皆様にも堪能していただきたいと思います。

2020-07-20T11:59:44+09:002020.07.20|
Go to Top