薪ストーブ(炎を見ながら)・嬉しい言葉(思い出)

美瑛は、ゆっくりゆっくり冬に向かっています。雪が降り、うっすら積もっては消え、冷たい雨が降り、気温が下がって雪になり、それが消え。この3連休は後半、雪の予報で来週も雪です。大雪山や十勝岳は真っ白です。平地で根雪になるのはいつなのでしょうか。 寒くなってくると、やはり使いたくなるのは薪ストーブ。お部屋にはガスセントラルヒーティングが設置されていますが、何百万年前の火を使うことを覚えた人の本能なのか、炎を見たくなります。 Skavlaは、お客様ご自身で薪をくべて楽しむことが出来る宿。これまでにお泊りになられた全てのお客様が、薪ストーブを焚かれ楽しまれておられます。 予想以上に薪ストーブを楽しんでいただけるため、玄関アプローチにお客様専用の薪小屋を作りました。実製作日数5日ですが、お客様のいらっしゃらない日を見計らって作っていたので、2週間ぐらいかかりました。今、乾燥した薪を詰めている最中です。 炎を見ていると、普段口数の少なく一定の距離を取っているご夫婦も何故か距離が近くなり、優しく語らうことが出来ると思います。普段見えない相手の一面が見えたり、忘れていた良さを改めて感じることが出来たり。 薪をくべ、チーズをおつまみにワインを味わう。ドラマに出てきそうなシチュエーションですね。でも、Skavlaはそういった非日常をご堪能いただく大人の空間。 先日、お泊りになられたお客様からとても嬉しいお言葉を頂きました。「とても良い思い出が出来ました」と。これまで、お客様にはご滞在中に楽しんでいただくことを心がけて来ましたが、「思い出になった」ということは、将来に渡って心に残ったということです。こんな嬉しいことはなかなかありません。時々、Skavlaでのことを思い出していただけるとありがたいです。また、私のことをチェックインされたときから「櫻井さん」と呼んでくださる方もいらっしゃいます。大きなホテルのオーナーでは初対面の方から名前で呼ばれるようなことはなかなかないことだと思います。小さな宿の良さかもしれません。 HPのプロフィールにも目を通して来てくださる方が多く、「なぜ北海道に移住したのか」「なぜ宿をやっているのか」と聞かれることもあります。遠慮しながら聞かれますが、私としては、どんどん聞いていただきたいと思っています。

2020-11-21T10:57:58+09:002020.11.21|

霧氷と霧の丘(冬の足音)

今朝の美瑛は冷え込みいました。氷点下10度は下回ったのではないでしょうか。 起きて窓の外を見ると、一面の雪と深い霧。この時期にしては珍しく、樹々霧氷がついているようです。日の出前はあまり分からないのですが、太陽が昇ると一気に木々が真っ白に輝きます。 太陽が昇ると霧氷が溶けてしまうので、敷地内の白樺の様子を見るために慌ててパジャマにサンダルでカメラを持って外に飛び出しました。思った通り、青空に真っ白の枝が映えます。おまけに小鳥のさえずりも。 太陽の方向を見ると、なんとダイヤモンドダストです。この時期のこれが見られるとは。ダイヤモンドダストは背景が黒っぽいとよく見えます。運がいいことにSkavlaの壁は黒。キラキラ光って漂う様子がよくわかります。寒さを忘れて見入ってしまいます。このキラキラを写真に収めるには、本気出して撮らないと無理ですね。見たようには写らないものです。 十勝岳連峰や大雪山は雲に隠れて見えませんが、これはこれで良しです。明日は、1日晴れの予報です。夕方、ピンクに染まる山々が見られるかも。   先日から、宿泊棟の玄関アプローチの横にお客様用の薪小屋を作っていました。今日、午後に完成したのですが、午前中は、写真を撮るのと大工仕事を並行してやっていたので、電動ドリルやビス、木材と一緒にカメラを方から下げるという、他人から見たら理解しがたい恰好をしていました。クロネコの荷物が届いたとき、配達員さんが不思議そうな顔をしていました。身体が3つぐらい欲しいですね。   北海道に生まれ育った人の多くは、雪が降ると「あぁ・・・」とため息交じりにがっかりします。確かに除雪などは大変です。 移住者(一部)と子供は、「わぁ!!」と喜びワクワクします。そして、とりあえず、素手で雪をつかみます。 これから雪や冷たい雨の天気を繰り返し、どんどん冬が深まっていきます。 私のように寒い中で雪景色を見るのもいいですが、暖かいSkavlaのお部屋の窓から絶景をご堪能ください。

2020-11-11T19:11:01+09:002020.11.11|

晩秋の丘

 ついに来ました、この季節。十勝岳連峰の白、秋蒔き小麦の緑、そして、カラマツの紅葉。少し天候が安定しないですが、雲の切れ間から差し込む陽の光が、いっそう絶景を引き立てます。  Villa Skavlaの敷地入口からは素晴らしい景色が見えるため、沢山のレンタカーが減速したり一旦停止したりしています。それほど道幅が広くなくカーブでもあるので、景色に見惚れたドライバーが追突事故を起こしそうですので、なるべく、入口付近に停めないようにお願いをすることが多いです。この道からも、もちろん絶景なのですが、奥に入ったSkavlaからの景色は、これを上回り、さらにお部屋の窓から見る景色は、額縁の絵画のようです。薪ストーブを焚いた暖かな室内で、時間を忘れてゆっくり見ることが出来ます。  10月30日、グランドオープンし、11月は何組かのお客様からご予約を頂いております。私が感じるところ、この時期は閑散期で、以前は観光客がもっと少なかったような気がしますが、この時期の美瑛の素晴らしさが徐々に知れ渡りつつあるのか、今日も大型観光バスを何台か見かけました。  もっともっと沢山の方に、この時期の素晴らしさを知ってもらうため、頑張っていきたいと思います。  今週は平地にも雪が降る予報です。オレンジのカラマツにうっすらと雪が被ると、なお一層素晴らしい景色になります。  友人に聞いたことですが、東京に住む知人が初めて美瑛を見たとき、感動のあまり涙を流したそうです。その気持ち、すごくわかります。なぜなら、毎日この景色を見ている私でさえ、なぜか時々、見ている景色がにじみます。  この気持ちを、沢山の方に味わっていただきたいと思います。

2020-11-02T21:33:35+09:002020.11.02|
Go to Top