雨が降らない富良野や美瑛(花畑の最盛期)

富良野や美瑛はまだ、雨の降らない日が続いています。まともな雨が降ったのは、6月初旬、農作物は大丈夫なのでしょうか、心配です。 シュカブラの敷地内に蒔いたキガラシは、この日照り続きで発芽率が悪くまばらな成長です。雨が降らないと草花の伸びが悪いどころか、雑草まで枯れてきているように見えます。今後の天気予報を見ても、ほぼ晴れマークです。 さて、7・8月と沢山のお客様にお越しいただいていますが、一つ悩みがあります。悩みと言っても贅沢な悩みかもしれません。 私が宿をやっている上での一つのテーマが、私が北海道に移住してから「楽しい」「美しい」「美味しい」と感じたことを、お泊りになられた方に伝え、感じてもらうことですが、沢山ありすぎて、伝えきれていないということです。「あそこのご飯が美味しい」「この時間帯の空が綺麗」「ここで見る夕焼けは最高」「この季節の朝霧が幻想的」などなどありますが、お越しになられるお客様は、やはり旅行中という限られた時間しかありません。「あそこのディナーが美味しい」からとお勧めし、お食事に行かれている間に、シュカブラから見える夕焼けがとでもなく綺麗になったり、「早朝に〇〇の丘に行けば、いい景色が見られる」とご案内し、お客様が出かけられている間に、キツネが敷地内をウロウロチョロチョロしたり、楽しんでいただけると思えることが沢山ありすぎて、それが同時に訪れてしまい、どちらかしか感じていただけなくて、とても悔しく思ってしまいます。 連泊やリピートしていただけると、お伝えできることも増えますが、ここに住んでいる自分でさえ、身体が2つあってほしいと思うタイミングがしばしばあります。 見られなかったとき、食べられなかったとき、こんな時は、その時に欲張らず、次回の出会いに期待しようと思うようにしていますが、なかなか・・・。 写真は、シュカブラから車で3分のところにある農地です。畑を休ませるために緑肥として栽培されているキガラシ。流石、プロが作ると干ばつでも綺麗に咲いています。 思わず入りたくなる気持ちは分かりますが、畑は私有地であり、農家さんの大切な財産、皆さんに美味しい作物を届けるために使われる土地です。絶対に入らないでくださいね。 それと、早朝や夕暮れ時の丘を見る時は、静かに見てほしいです。静寂を楽しまれている方が多い中、大声ではしゃいでいる人を見かけます。静かな時間が台無しです。大切な人と同じ夕焼けを見て、静かに語り合いましょう。

2021-07-21T09:49:29+09:002021.07.21|

シュカブラの畑(収穫体験・朝食にプラス)・羽田から2時間

美瑛は少し蒸し暑く感じる日が続いています。晴れ間も少なく、雨も少なく、まさに「どんより」がぴったりな天気の日が多い時期です。ニュースで聞いた話では、今年のこの時期の北海道は日照時間が例年の6割、雨も6割だとのことでした。作物にとっては、あまりよくない日が続いています。辺りの農地を見ていると、特に、春に種を蒔いたものについては、発芽率も悪いように感じます。 シュカブラの敷地内に蒔いたキガラシも、昨年の今頃は満開で一面の黄色い花畑になりましたが、今年は発芽が悪くまばらです。 シュカブラの敷地は、10年ほど前は酪農地として使われていたようで、この土地を手に入れたときに10立米ほどの堆肥が残っていました。 昨年はこの土を使って、少しだけとうもろこしを栽培しましたが、実の付きが良く、家族で食べきれないほど収穫できたので、三重県の実家に送って近所に配ってもらいました。 今年は、その畑にトウモロコシ、トマト、キュウリ、ラディッシュ、ネギなどの種を蒔き、栽培しています。やはり、雨が少なく気温も低めだったので、発芽は遅れましたが、最近の蒸し暑さですくすくと成長しはじめました。トマトは赤い実を付けだし、見た目には美味しそうです。 肥料もやっていません。もちろん農薬も。周りの草を抜く程度で、ほぼ放置状態ですが、それなりに育っています。 お泊りになられたお客様には、タイミングが合えば、トマトやキュウリを収穫していただけます。朝起きて、外の美味しい空気を吸って、シュカブラの畑を覗き、食べられそうなものがあったら、食べる分だけ取って、朝食セットにプラスする。少し楽しそうです。素人が作ったものなので、味は保証できませんが(笑) 今年もトウモロコシは成長の勢いを増しています。黄色く大きな粒を付けたものも待ち遠しいですが、集中して実を大きくするために、小さいうちに間引いたトウモロコシもなかなかいけます。間引いたトウモロコシとは、スーパーで瓶摘めで売っているヤングコーンです。昨年のヤングコーンは格別でした。瓶詰めとは比べ物にならない新鮮さ、さっとゆでて塩をふるとさらに甘みが際立ちます。 早くシュカブラの畑で収穫してくださる方がいらっしゃらないかと、待ちわびています。 東京方面からお越しになられるお客様とお話していて気が付いたことがあります。多くの方が、北海道の空港と言えば新千歳空港という認識があるようですが、旭川空港は北海道のど真ん中にあります。シュカブラは、その旭川空港から13分のところ、羽田から2時間でつきます。遠いけど近い、私も少しびっくりです。富良野美瑛にお越しになられる際には、是非、旭川空港をご利用ください。

2021-07-13T08:22:32+09:002021.07.13|

美しい美瑛の丘をいつまでも

北海道の富良野や美瑛も本格的な観光シーズンになりました。平日や週末問わず、沢山のレンタカーを見かけるようになりました。やはり、6月下旬からの色々な花が咲き、カラフルに染まった観光農園の花畑は人気ですね。 先日、連泊でお泊りになられたお客様は、当初、北海道内に沢山あるガーデン巡りを計画されていました。ガーデンもいくつか巡られたようですが、麦やジャガイモなどが栽培されてた美瑛や富良野に普通にある農地の方が、新鮮で良かったとおっしゃられていました。 道外では、まず見ることの出来ないヨーロッパの片田舎のような風景、それが美瑛です。 私もこの風景が大好きで、ここに住んでいますが、この素晴らしさを気付いてくださったお客様に感謝です。とても嬉しい出来事でした。 さて、観光客が増えてくると、美瑛では別の問題が発生します。 観光客の農地への侵入です。靴の裏に作物にとって害になる虫などが付いている場合があり、これがまん延すると壊滅的な被害を受けることがあります。 また、農地は農家さんの庭のようなものです。農地への侵入は、都会でいうと、他人が無断で自宅敷地内に入ってきて、写真を撮ったり、花壇を荒らしたり、庭仕事をしている姿を撮影したりするようなものです。 北海道の農地はとてつもなく広く、都会の人にとっては、見たこともないこの風景に吸い込まれ、思わず入ってしまいたくなる気持ちも分からなくもないですが、絶対にしてはいけないことです。 北海道に来て、美瑛に来て、美しい風景を見ることができ、美味しい野菜やチーズ、肉などを食べられるのも、農家さんの営みがあってこそです。農地に侵入し荒らすことによって、この風景や作物はなくなっていきます。 観光客の皆さんにはこのことを、感じ取り理解していただけたら幸いです。 写真は、今にも降り出しそうな黒い雲ともうじき収穫時期を迎える麦です。カラフルではないですが、いつもの夏の美瑛らしい風景です。風にそよぐ麦の穂を見ていると、時間が経つのを忘れてしまいます。

2021-07-28T08:55:04+09:002021.07.04|
Go to Top